お酒にまつわるためになる話

  過去ログ >>> 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
Vol19 2010新酒蔵出し祭

2010新酒蔵出し祭
2010年6月19日20日。梅雨も中休み。お日様も顔を出し、いいお日和でした。
恒例「利き酒クイズ」 

今年仕込んだ5種類の原酒を飲んでいただき、大吟醸、特別本醸造、本醸造、純米、普通酒(上撰)はどれ?と利き酒をしてそれぞれ当てるというもの。

みなさん、真剣に(?)利き酒をしていただきました。正解率10%、昨年よりも大幅アップです。5種類の中では純米が好評でした。

角打ちコーナーでは、しずくしぼり純米大吟醸生原酒(麓寿泉生原酒)、酒中八仙のロック、オレンジカクテル、まろやか梅酒や甘酒。料理コーナーでは酒粕で漬けた豚肉焼き、モロッコタジン鍋料理、野菜だけでとったスープのあった素麺をお楽しみいただきました。

販売コーナーでは新発売の「純米酒の饗宴」に、皆さん関心をお持ちになったようです。

今年は、蔵内を開放し、有志の方にお客様の前で音楽やマジックなどを披露していただきました。
酒造り唄などの民謡、オカリナとギターのデュオ、バルーンマジック、ハーモニカ演奏、ギター弾き語り、ギター・コントラバス・大正琴トリオとそれぞれがプロ顔負けの熱い演奏で会場も大盛り上がりでした。

ご出演頂いた皆様、ありがとうございました。

座敷では、薬草酒「養生訓」発売1年を記念して貝原益軒の直筆の書の公開と版画家二川秀臣さんの「版画・筑前六宿」展を致しました。

20点余りのどの作品も素晴らしく、二川さんの解説でみなさん熱心にご覧になっていました。


今年の酒蔵コンサートは橋口武史さんの「クラッシックギターの夕べ」でした。

ムーンリバーやひまわり、アルハンブラの想い出やサマータイムなど透明感の高い音色に心いやされるひと時でした。

2月の蔵開きは本当に大勢のお客様で混雑しますが、6月の新酒蔵出し祭はお客様もゆっくりお酒や料理、音楽を楽しんでいただいています。

私どももお客様とゆっくりお話しできる機会と考えております。来年も6月に致します。どうぞお出かけください。お待ち申し上げます。


  過去ログ >>>
    VOL2 大道芸人 in 宗像
    VOL3 赤馬について
    VOL4 蔵開き体験レポート
    VOL5 水のおはなし
    VOL6 酒中八仙こぼればなし
    VOL7 2005年酒蔵開放
    VOL8 「人生の楽園」撮影顛末記
    VOL9 今日感テレビ-それ行けキッチンカー
    VOL10 日本酒でつける本格梅酒の作り方
    VOL11 中津宮春季大祭
    VOL12 新酒ができました!  杉玉―酒林−の話
    VOL13 楢の露酒蔵レポート
    VOL14 2008年新酒蔵出し祭
    VOL15 お酒とゴスペルの集い
    VOL16 街道てくてく旅
    Vol 17 貝原益軒の滋養酒復活「養生訓」のはなし
    Vol18  純米酒の饗宴のはなし
    Vol19  2010新酒蔵出し祭
    Vol20 秋上がりの清酒とは・・・
    Vol21 勝屋酒造第1回 米作り・酒造り体験コース
    Vol22 2011年酒蔵開放
    最新版 2011年酒蔵開放


勝屋酒造合名会社 〒811-4146 福岡県宗像市赤間4丁目1-10 TEL 0940-32-3010 FAX 0940-32-4772