お酒にまつわるためになる話

  過去ログ >>> 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
VOL12 新酒ができました!  杉玉―酒林−の話

2月21日今年も杉玉を新しい物と架け替えました。
「今年も新酒が出来ました」と青々した杉玉で酒蔵開放のお客様をお迎えすることができました。


古い杉玉を下ろします。
一年間ご苦労様

新しい杉玉はとても重いです

しっかり固定します


これで完成
杉玉−酒林(さかばやし)とも言われ、元来、酒神を祀る奈良の三輪神社のご神木である杉にちなんだ物で、当初は杉の葉を束ねただけだったそうですが、後に玉の形となり新酒ができた印として造り酒屋に掲げられ、酒屋の看板のようになった物です。
つるされたばかりの杉玉は青々としていますがやがて枯れて茶色となり、お酒の熟成具合を物語るとも言われます。

 

この杉玉、毎年、わが蔵の力強い応援団である川上さん、中村さんのグループの方々が作ってくださいます。直径1メートルほどの杉玉に軽トラ3台分ものきれいな杉の葉が必要とのこと。本当にありがとうございます。

新しい杉玉で蔵開きのお客様をお迎え



  過去ログ >>>
    VOL2 大道芸人 in 宗像
    VOL3 赤馬について
    VOL4 蔵開き体験レポート
    VOL5 水のおはなし
    VOL6 酒中八仙こぼればなし
    VOL7 2005年酒蔵開放
    VOL8 「人生の楽園」撮影顛末記
    VOL9 今日感テレビ-それ行けキッチンカー
    VOL10 日本酒でつける本格梅酒の作り方
    VOL11 中津宮春季大祭
    VOL12 新酒ができました!  杉玉―酒林−の話
    VOL13 楢の露酒蔵レポート
    VOL14 2008年新酒蔵出し祭
    VOL15 お酒とゴスペルの集い
    VOL16 街道てくてく旅
    Vol 17 貝原益軒の滋養酒復活「養生訓」のはなし
    Vol18  純米酒の饗宴のはなし
    Vol19  2010新酒蔵出し祭
    Vol20 秋上がりの清酒とは・・・
    Vol21 勝屋酒造第1回 米作り・酒造り体験コース
    Vol22 2011年酒蔵開放
    最新版 2011年酒蔵開放


勝屋酒造合名会社 〒811-4146 福岡県宗像市赤間4丁目1-10 TEL 0940-32-3010 FAX 0940-32-4772